仮想通貨、イーサリアムについて紹介

アルトコイン イーサリアム
イーサリアムは、仮想通貨の中でも時価総額第2位の存在です。1位のビットコインと比べるとその額は半分ですが、3位のリップルの倍であり、不動の2位をキープし続けています。

イーサリアムは、ビットコインのような決済に用いることを目的に作られた仮想通貨ではありません。

契約などを自動で行うアプリといった、様々なプログラムを動かすことができるプラットフォームとして作られた存在であり、仮想通貨としての機能はあくまでも一部に過ぎないのです。

そのため、一般人の利用者よりも、企業や組織の利用が多いものとなっています。利用者の違いや用途の豊富さから、イーサリアムは他の仮想通貨の値動きに影響されづらく、値段が比較的安定しているのも魅力です。

イーサリアムの値段は2018年の初めにやや大きく動いたものの、現在は10万円前後で小康状態となっています。

時価総額2位ということもあり、イーサリアムは多くの仮想通貨取引所で購入することが可能です。

日本で最も利用者が多く初心者サポートの充実したビットフライヤーや、手数料などが安くお得に取引できるザイフが特にお勧めの取引所となります。

また、海外の取引所ながら日本語でのサポートが受けられるQUOINEXも、そのスプレッドの狭さから取引において稼ぎやすくお勧めできます。

仮想通貨の取引においては、成行注文と指値注文の2種類の方法でそれを買うことが可能です。

成行注文は一番安くすぐ売り切れてしまう値段を見逃し、一つ高い値段のものを買ってしまうという危険性がありますが、その場ですぐに仮想通貨を手に入れることができます。

一方で指値注文は値段を指定しておきその値段になった瞬間に自動で購入が行われるため安く買うことができますが、それがいつになるか、手元に仮想通貨がどんなタイミングで手に入るかは分からないといったデメリットを持っています。

この両者を使い分けていくことが、仮想通貨の投資で重要となります。