クレジットカード現金化をするメリットとデメリットを解説

通常であればクレジットカードを利用してお金を引き出す場合、ショッピング枠とは別に別途審査を受けてカード会社とキャッシング枠の契約を結ぶ必要があります。

クレジットカードにキャッシング機能を付帯するのは便利である一方で、金融機関所定の審査をパスする必要がありますし審査には時間がかかるため急いでお金を引き出したい場合などには利用しにくくなっています。

キャッシング枠がないクレジットカードを利用して手早く現金を得たい場合に便利なのがクレジットカードの現金化なのですが、これはどういうサービスであり、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

クレジットカードの現金化はクレジットカードのショッピング枠を現金に変えるサービスのことを言い、世の中には数多くの現金化業者があります。

現金化の主な手順としては現金が購入特典として付帯している商品をクレジットカードで購入し、業者から現金を受け取るという方法であり、この方法はキャッシュバック方式と呼ばれています。

キャッシュバック方式を利用した現金化は基本的には24時間365日申し込みに対応しています。利用者はクレジットカードを利用して商品を購入するだけなので手間がほとんどかかりませんし、最短で即日現金化に対応している業者も多いので素早く現金が入手できるという絶対的なメリットがあるのです。

加えて原則審査は不要とされているのでキャッシング契約のように契約に必要な書類を準備したり職場に在籍確認の電話がかかってきたりすることがないというのも魅力的と考えられます。

一方でクレジットカード現金化を行うデメリットとしては、現金化に利用したカードが利用停止となってしまうリスクが挙げられます。

基本的にカード会社はショッピング枠を現金に交換する現金化を認めていないため、何度も現金化を繰り返しているとカード会社から注意を受けることがありますし最悪の場合は退会となってしまう恐れもあります。

クレジットカード現金化をする場合にはメリットとデメリットをきちんと理解して、上手に現金化をしたいものですね。